にしはらブログ

2019.09.12更新

歯周病は再発の多い病気といわ
れています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったとしても溶けてしまった骨が完全に元通りに戻るわけではなく、ほとんどが歯と歯肉がそっと寄り添うような形で治っているのにすぎません。油断は禁物なのです。
ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ歯周ポケットが深くなります。そして容易に再発をおこします。

歯周病の末期

歯周病の末期

2019.09.12更新

細菌の細菌の集団である歯垢(プラーク)は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ます。しかし深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科医院にて専門的なクリーニング(PMTCといいます)を行なうことによって除去することができます。

歯周病菌

2019.09.12更新

歯周病菌メインテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~6ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。

 

2019.09.10更新

歯のメインテナンス歯のメインテナンス

数種類のメインテナンス用器具を使って徹底的に綺麗にしていきます。

 

2019.09.10更新

歯周病の末期歯周病の限界

残念ながら歯周病治療に限界があるため、部分的に治りきらないところが残ることもあり。しかしそのような部位でもメインテナンスを継続することにより、歯周病の進行を食い止めることができます、そこで必要なのが歯のメインテナンスです。

2019.09.10更新

歯周病の限界歯周病の限界

 

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ